キャッシング返済中の賢い食費の節約方法を伝授!

生活費を大きく左右する【食費】

キャッシングの返済は毎月やってきます。

そのため、少しでも借金返済を楽にするためには、やはり毎月の支出を少しずつ節約する必要があります。

 

中でも、生活費が大きく変わってくるのは、やっぱり【食費】です。
1日300円で済ませている人と1日1000円で済ませている人では、月にかかる食費が全然違ってきます。

 

1日300円であれば、30日で9000円。
1日1000円であれば、30日で30000円。

 

その差2万1千円です。
年間では、25万2千円もの差になってきます。

 

25万円もあったら、キャッシングの返済も一気に進みますよね。
やはり食費は、出来るだけ借金返済をしている間は、節約するのが大事です。

 

節約をすれば、借金返済も進みますので、まずは食費にお金をかけすぎている人は、食費を削っていくことを考えてみましょう。
食費はいくらでも削ることが出来ますので、上手く節約に生かしましょう!

 

ただし、あまりにも極端に食費を削りすぎてしまい、健康をおかしくしてしまうのは良くありません

 

また、育ち盛りの子供がいる場合は、無理して量を減らしたり、栄養バランスを崩したりするのも心配です。
このサイトでは、栄養バランスを考え、健康にも良い食費の節約ポイントをご紹介します。

【食事】を削るのではなく【食費】を削ろう

よく、食費の節約をしようと思うと、【食費ではなく『食事』を減らす】人がいます。

 

3食を2食にしたり、極端に食事量を削ろうとする人がいますが、それは『間違い』です。

 

キャッシングの借金返済で悩んでいる人の多くは、『長期の返済』と対面している人が多いです。
長期の返済をする時に、食事の量を減らす節約では、一体いつまで体が持つでしょうか?

 

不健康な食生活をいつまでも続けて行けば、借金返済の前に自分の方が倒れてしまう可能性があります。
実は経済的に困難な人にとっては、『健康であることが何よりも大事』なのです。

 

病気をしてしまうと、高い医療費を払うのが困難になり、【キャッシングの返済と合わせて二重苦】になってしまいます。
そのため、借金を返済するまでは、何がなんでも病気をしないことが、実はすごく大事なのです!

 

特に自営業の場合は、病気などをして仕事を休んだら、それこそ収入ダウンで、キャッシングの返済が不可能になってしまいます。

 

【食費の節約は食事の減量ではない】ということを肝に銘じましょう。
健康的に『食費だけを節約』することが大事なのです。

 

女子高生のダイエットのように、食事を簡単に抜いて、お金を浮かせるような節約は絶対にやめましょう。

まずは冷蔵庫の掃除から!

では、食費の節約は、一体どのような点が大事になってくるのでしょうか?

 

それはズバリ【無駄を出さないこと】です。

 

食費を無駄にしている人は、『食材を腐らせる』とか『同じ物を何個も買ってくる』など、【無駄が多い】ことが共通しています。
そしてその多くは、【日頃から冷蔵庫の中を整理していない人】が多いです。

 

みなさんは、冷蔵庫の整理は、最近いつされましたか?
大晦日の年に一回だけと言う人は、まず冷蔵庫の掃除の習慣を身につけるようにしましょう。

 

やはり冷蔵庫の掃除は、できれば『1週間に1回』はしたいものです。
1週間に1回、冷蔵庫を整理するだけも構いません。

 

こまめに冷蔵庫をチェックしていると、1週間の冷蔵庫の減り具合というのが、非常によくわかります。
1週間のうちに、どんな食材の減りが早く、どんな食材の減りが遅いのか、ちゃんとチェックすることによって、同じ食材を無駄に買ってくることが確実に減ります。

 

また、冷蔵庫には、色々な物を詰め込んでしまいがちですが、出k莉うだけ【冷蔵庫の奥】に物を入れるのは避けるようしましょう。
奥にしまい込んでしまった物は、忘れがちになってしまい、ダブり買いや、食品を腐らせてしまう原因になってしまいます。

買い物の前のワンチェックが食費の無駄使いをカット!

どうしても冷蔵庫の整理をこまめに出来ないと言う人であれば、【買い物の前に冷蔵庫をチェック】するだけでも構いません。

本当に買ってこないといけないものだけを購入するためには、やはり冷蔵庫の中身を把握しておかないといけません。

 

私の母は、いつも冷蔵庫をチェックしないで、油揚げを常にダブり買いして、腐らせていました。
油揚げなんて、たった100円くらいのものですが、毎回毎回ダブって購入して、腐らせてしまうと、年間で考えた時に、数千円の損になってきます。

 

こうした【ちょっとした100円程度の損も積もり積もって大きな食費の無駄】になっている事実をちゃんと受け入れましょう。
食べて消費している食費については良いですが、腐って食べてもいない食費に年間数千円、数万円とお金をかけているのは非常に無駄です。

 

そのような無駄なお金があるのであれば、シッカリ節約をして、キャッシングの借金返済に回したいものです。
やはりその辺は、すごく大きな違いになってくると思います。

 

賢い人は、食材も食費も無駄にしていません。
無駄を避けるだけで、無理なく節約はできるようになってきます。

 

食事の量を減らす前に、まずは自分の食費の無駄遣いについて見直してみましょう

 

借金返済