キャッシングの借金返済は節約料理で乗り切る

買物前に冷蔵庫をチェック!

食費の節約でやはり一番大事になってくるのが、【食材を腐らせないこと】です。

 

そのために一番有効なのは、やはり【買い物前の冷蔵庫チェック】です。

 

本当だったら、冷蔵庫を普段から綺麗に整理整頓していることが望ましいですが、それが出来ないのであれば、せめて買い物に行く前だけでも、ちゃんと冷蔵庫の中身をチェックしましょう。

 

 

 

冷蔵庫の中身をチェックしないで出かけしてしまう人は、やはり同じような食材を何度も購入してしまったり、食材を無駄にしやすいので注意が必要です。
まず、食費を一気に【1カ月2万円】と決めて、節約を始めるよりも、無駄な買い物を削る努力から始めることの方が大事なのです。

 

無駄な買い物に気づかないで、いつまでも同じものを買ってしまうような場合は、やはり食費を2万円に抑えたところで、食材を無駄にしてしまう可能性があります。

 

食費の節約というのは、まずは『今の食費に無駄はないか?』というチェックから始めることが大事です。

 

そこから、徐々に、無理なく食費の目標金額を決めて節約していくことが大事です。
なぜ、最初から2万円などと金額を決めて節約するのが良くないかというと、やはり【家庭によって必要な食費は違う】からです。

 

4人家族で会っても、家族が大食いか、小食かによって、適正な食費というのは変わってきます。
そのため、目標金額を極端に低くしても、家族がひもじい思いをしてしまい、不満が出てきて上手く行かなくなってしまう可能性があるかです。

使わないものはすぐに冷凍!

万が一、食材をダブって購入してしまったり、安売りで大量購入してしまった食材があるのであれば、【冷凍を活用】しましょう!

ほうれん草やニンジンなどは、カットしてから冷凍すると、自家製のカット野菜として、すぐにお料理に使えて便利です。

 

ただし、冷凍をするには、向いている食材と、冷凍に向いていない食材がありますので注意をしましょう。
たとえば、レタスなどは、冷凍には向きませんので、やめておきましょう。

 

レタスを長期保存したい場合は、野菜の保存用袋を使用した方が確実です。
またお肉などは、味付けをしてから冷凍すると、味が染みて、非常に美味しくなります。

 

料理する時にも、時短になりますので、お肉も冷凍する時には、カットをしたり、味付けをしたり、ひと手間かけておくと、後でかなり楽になります。
朝にお弁当を作っている人なんかは、冷凍前のひと手間をしておくと、朝がすごく便利になるのでおすすめです。

 

冷凍はうまく活用すると、非常に美味しく、食費も節約することができますので便利です。

 

鮮度が大事な食材は冷凍には向きませんが、お肉は安売りの時にキロ単位で購入しておくと、育ち盛りの子供がいる家なんかでは、非常に家計が楽になります。

 

ただし、冷凍食材は、1カ月を目安に食べきることをおススメします。
できれば1、2週間の間に食べてしまうのが望ましいですね。

 

家庭用の冷蔵庫は、冷凍力が業務用に比べて低いので、やはり1カ月程度で食べきったほうが、冷凍焼けしないで美味しく食べれます。