キャッシングの借金返済は食費の節約が大事

買物前に献立を決めよう!

食材を腐らす人は、【献立を決めないでその場で買うものを決めている人】が多いです。

すでに買い物の前から、ある程度の献立を決めておき、必要なものだけを購入するようにすると、無駄遣いが減ります。

 

食費の節約の大事なポイントは、やっぱり『必要な量・物を把握する』ということです。
必要なものであれば、ケチるべきではありません。

 

逆に、無駄なものには、1円でも出さないように厳しく管理するメリハリが大事です。
いくらキャッシングの借金返済をしたいからと言って、育ち盛りの子供にご飯を我慢させてまで節約するのは絶対にやめましょう。

 

それはなぜでしょうか?
【食事は心の豊かさに影響するから】です。

 

食費を節約することは大事ですが、子供の食事を我慢させたり、栄養バランスの悪いご飯を与えていると、やはり心の豊かさが失われてしまいます。
人によっては、ハングリー精神が養われると考える人もいますが、やはり現在の食育の観点からは、『食生活』は非常に大事です。

 

「うちは貧乏だから節約しないとダメ!」と小さい頃からご飯を減らされて育った子と、そんなに裕福ではなくても、ご飯だけは心配しないで栄養バランスを考えられた食事で育った子では、やっぱり心の育ち方が違ってきます。

 

キャッシングの借金返済は、親の事情。

 

その事情に子供を巻き込んでしまうのであれば、やはりある程度子供が小さいうちは、せめて食事だけでも、しっかりしたものを食べさせてあげたいと思う親は多いと思います。

 

そのためにも、『必要な食費は削らず、無駄は徹底して節約する』姿勢が大事です。

お菓子やデザートの金額は決めておく

食費を節約していると、お菓子やデザートも一切削ったほうが良いと考えてしまう人もいます。

でも、実際には、食費の節約をしていても、お菓子やデザートも食べて構いません!

 

しかし、大事なポイントが一つがあります。
それは【金額を決めておくこと】です。

 

1回の買い物で、お菓子は200円と決めたら、それ以上は買いません。

 

お菓子を全て失くしてしまうと、子供たちにもストレスが貯まってきますので、ガス抜きとして、金額を決めて楽しむのは良い事だと思います。

 

決められた金額の中で、子供も計算をしながらお菓子を選ぶので、考える力もついてきます。
お金は無限にあるものではないと子供に教えることも大事です。

 

親子でお金の使い方を考えながら、お買い物を楽しむことも出来ます。
親がお金の使い方を教える機会にもなりますので、食費節約は子供への教育にもなります。

 

食費の節約中は、すべての楽しみをカットすることではありません。
やはり家族が食費を節約しても、「美味しい」と楽しく食卓を囲むことが大事だと思います。

 

キャッシングの借金返済中は、やはり将来の不安から、気持ちが暗くなってしまうこともあるかもしれませんが、食事を通じて、家族に明るい食卓を提供したいと思う女性は多いと思います。

 

借金返済中は、そうしたバランスを考えながら、「生活が苦しいからダメ」と、何でもかんでも抑えつけるような雰囲気になってしまうと、やはり節約が辛くて長続きしなくなってしまうので注意が必要です。