キャッシング返済中でも減らせない出費もある!

意外に揃えると高い調味料!

食費の節約で一番難しいのが、実は【調味料】です。

調味料は、高いものほど、やはり美味しいです。

 

そして、長く使い慣れた調味料を変えてしまうと、味の調整が難しくなってしまったり、失敗することもありますね。
更に、生のハーブや香辛料は、全部揃えると、大変な金額になります。

 

サフランだけでも、1000円近くしたり、調味料に凝り過ぎてしまうのも問題です。

 

しかし、美味しいご飯を作るためには、食油も調味料も大事なものです。

 

欠かせない食費ですので、やっぱり私は調味料は慣れ親しんだものを使うのが一番だと思います。
やっぱり使い慣れたものを使うと、味がビシッと決まりますよね!

 

植物油や調味料は、出来るだけ安売りをしている時に、購入するようにするのが大事ですね。
特に調味料の場合、コストコのような海外仕様のスーパーを利用すると、かなり安く手に入ることがありますのでおすすめです。

 

お料理の定番として有名なクレイジーソルトも、コストコだったら、大きなサイズが2本も入って格安です!
一度購入してしまったら、しばらくは買い足さないで済みますので、調味料の減りが早いと思う人は、一度コストコなどものぞいてみると良いと思います。

 

調味料の費用を安く済ませることができれば、食費にもかなりの影響が出てきます。
バカに出来ない出費なので、調味料がいつも高くて悩んでいる人にはコストコはおススメです。
また、どうしても目当ての調味料が安くならない場合は、業務用のスーパーなんかも利用できます。

 

オイルスプレーや計量グッズを使って必要なだけ使用!

調味料の出費を減らすための手段として、一番有効なのは、【しっかり計量すること】です。

また、食用油の場合は、オイルスプレーを使うのがおススメです。

 

オイルスプレーをつかえば、無駄な油を使用しなくなりますので、油の減りが少なくなります。

 

オイルスプレーは最初に購入してしまえば、ずっと使えますので、ちょっと高いですが、購入してしまうことをおススメします。

 

オイルスプレーで調理をすると、ヘルシーにもなりますので、健康のためにも良いです。
また、計量をしてちゃんと作ることは、塩分の取り過ぎ防止にもなり、生活習慣病の予防にもなります。

 

目分量でつくることが出来たとしても、やはり計量カップを使って、必要なだけ調味料を使うようにするのがおススメです。
メタボ気味の人にとっても、計量してお調理を作る方が、やはり塩分の取り過ぎを防止できますので安心です。

 

食生活の乱れが、生活習慣病とは大きく関係していますので、健康という意味でも、調味料の計量は大事です。
高い調味料をバカバカ使っていると、食費が高いだけではなく、健康にとっても良くありません。

 

きっかけは節約かもしれませんが、健康のためにも、調味料は適量だけ使用するように努力をしましょう。
オイルスプレーや計量カップを持っていない人は、まずはグッズから集めてみましょう。

 

計量カップであれば、100均出やすく手に入ります。
ただし、オイルスプレーに関しては、ちょっと高い物を購入した方が、使いやすくておススメです。